HOME > 相続・遺言に関するキーワード > 遺留分

相続・遺言に関するキーワード

< 特別受益  |  一覧へ戻る  |  遺言執行者 >

遺留分

相続人に保障されている、最低限度の相続分。
遺留分は「遺言書」によっても侵すことはできません。


相続財産全てを一人に相続させる遺言は有効で、そのままその遺言内容を実現することは可能です。
しかし、事後的に、他の相続人から遺留分を主張される可能性があります。この請求を遺留分減殺請求といいます。

遺留分を持っているのは、相続人のうち直系尊属、直系卑属、配偶者のみです。
兄弟姉妹に遺留分はありません。


< 特別受益  |  一覧へ戻る  |  遺言執行者 >

このページのトップへ