最新情報 無料相談実施中! 初めての相続
Q&A Dictionary Dictionary

HOME > 最新情報 > アーカイブ > 相続放棄の事例

最新情報 相続放棄の事例

相続放棄ケース2 依頼者川口市在住 70代男性

4年前に、離れて暮らす交流のない依頼者Aの弟Cが亡くなりました。兄弟はABCの3人兄弟です。両親は既に他界しています。
 
ある日、債権回収会社からAさんの元へ、100万円の請求催告書が届きました。Cさんは独身で子供もいなかったため、相続人であるAさんへ請求がなされたようです。予期せぬ請求に驚いた依頼者Aさんは、当職に相談にいらっしゃいました。
 
裁判所への申し立ての中で、「依頼者A さんは、Cさんと離れて暮らし、交流も少なくCさんの相続財産を知ることができない合理的な事情があること」を丁寧に説明し、今回の相続放棄は認められました。
 
原則的に、相続放棄は、「相続の開始」を知ってから3か月以内の申立が要件となっています。

しかし、本件のように特別な事情ががある(離れて暮らし、被相続人の相続財産を知ることができない合理的な事情がある)と認められるときには、熟慮期間の3か月を過ぎていても相続の放棄が認められる可能性があります。

相続放棄ケース1.依頼者川口市在住 30代女性

幼い頃両親が離婚し、母親に引き取られた依頼者様。
その後、父親との交流は、父親が体調を崩して入退院を繰り返す最近まであまりありませんでした。
 
ある日、父親の住むアパートの大家さんから連絡があり、父親が亡くなったこと知りました。

お葬式を終え、アパートの引き払い等をしましたが、その際、消費者金融のレシートなどを発見しました。預貯金などの財産は無いようでした。
 
このような状態で、相続放棄の相談にこられたのが今回の依頼者様でした。現状とご希望を伺い、相続放棄の手続きを選択されました。

1

メインページ | アーカイブ

このページのトップへ