HOME > 最新情報 > 相続放棄 > 相続放棄ケース1.依頼者川口市在住 30代女性

最新情報

< 相続登記ケース2.依頼者川口市在住 60代女性  |  一覧へ戻る  |  相続放棄ケース2 依頼者川口市在住 70代男性 >

相続放棄ケース1.依頼者川口市在住 30代女性

幼い頃両親が離婚し、母親に引き取られた依頼者様。
その後、父親との交流は、父親が体調を崩して入退院を繰り返す最近まであまりありませんでした。
 
ある日、父親の住むアパートの大家さんから連絡があり、父親が亡くなったこと知りました。

お葬式を終え、アパートの引き払い等をしましたが、その際、消費者金融のレシートなどを発見しました。預貯金などの財産は無いようでした。
 
このような状態で、相続放棄の相談にこられたのが今回の依頼者様でした。現状とご希望を伺い、相続放棄の手続きを選択されました。

カテゴリ:

< 相続登記ケース2.依頼者川口市在住 60代女性  |  一覧へ戻る  |  相続放棄ケース2 依頼者川口市在住 70代男性 >

同じカテゴリの記事

相続放棄ケース2 依頼者川口市在住 70代男性

4年前に、離れて暮らす交流のない依頼者Aの弟Cが亡くなりました。兄弟はABCの3人兄弟です。両親は既に他界しています。
 
ある日、債権回収会社からAさんの元へ、100万円の請求催告書が届きました。Cさんは独身で子供もいなかったため、相続人であるAさんへ請求がなされたようです。予期せぬ請求に驚いた依頼者Aさんは、当職に相談にいらっしゃいました。
 
裁判所への申し立ての中で、「依頼者A さんは、Cさんと離れて暮らし、交流も少なくCさんの相続財産を知ることができない合理的な事情があること」を丁寧に説明し、今回の相続放棄は認められました。
 
原則的に、相続放棄は、「相続の開始」を知ってから3か月以内の申立が要件となっています。

しかし、本件のように特別な事情ががある(離れて暮らし、被相続人の相続財産を知ることができない合理的な事情がある)と認められるときには、熟慮期間の3か月を過ぎていても相続の放棄が認められる可能性があります。

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。

新年にあたり、「相続」関連で、気になったことをいくつかあげてみたいと思います。
 
遺言
・せっかく遺言の相談をしていただいたのに、保留になったまま亡くなってしまい、相続争いになってしまった方がいらっしゃいました。
→ 「億劫(おっくう)」だと思いますが、遺言を作ろうと動き出したのであれば、一気に作成まで突っ走ってください。
 
・誰にも相談せずに自分で遺言書を作成したケースで、記憶に残ったのは以下の2つです。いずれも、事前に相談していただければ、
 トラブルを回避できた可能性が高いです。
 ①相続人が自筆遺言書を持ってこられましたが、ワープロで作成してありました。せっかく作ったのに無効です。
 ②遺留分を無視した遺言書が出てきましたが、遺留分の訴訟に発展し、結局、兄弟の仲は破局してしまいました。
 
相続登記
・相続登記を放っておいたために、相続人の兄弟にさらに相続が開始してしまい、唯一の遺産である自宅を売却せざるを得ないケースや、相続人が数十人に及んでしまい、未だに登記ができないケースがありました。
 →相続登記は、早めに済ませましょう。
 
相続放棄
・面識無い伯父さんの債務の請求書が、死後3年以上たってから届いたケース。
→死後3か月を経過しても、放棄できる場合がありますので、あきらめずにご相談下さい。


つらつら書き連ねましたが、何かご質問ありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
  

相続放棄と遺産分割協議


相続の相談にいらっしゃる方の中に「相続放棄をした」と言われる方が、多数存在します。
よくよく話を聞くと、「遺産分割協議書が送られてきて、署名押印して、何も相続しなかった」とのこと。

 

これは、遺産分割協議をして、何もプラス財産を相続しないことにしただけで、相続債務は受け継いでいることを意味します。

相続債務は、当事者で分割しても、債権者に対しては効力を有しないのです(簡単に表現するなら)。


一方、「相続放棄」は、家庭裁判所に申述書を提出します。
この効果は「初めから相続人でなかったこと」になるというです。

ですから、相続債務も一切引き継ぐことはありません。

なお、この相続放棄の申述は、民法により、自己のために相続の開始があったことを知ったときから3か月以内にしなければならないと定められていますので、注意が必要です!!





このページのトップへ