最新情報 無料相談実施中! 初めての相続
Q&A Dictionary Dictionary

HOME > 最新情報 > アーカイブ > 2011年10月

最新情報 2011年10月

自筆遺言書の有効性

先日、某裁判所の傍聴席で、順番を待っていました。目の前で行われている裁判は、「遺言書の無効確認訴訟」でした。

原告は弁護士の出頭でしたが、被告は、一般の方が一人で出頭です。
裁判官が内容を噛み砕きながら説明していたので、内容が大体理解できました。
どうやら、亡くなった方が、自筆の遺言書を遺していたらしいのですが、それが、パソコンで作成されていたらしいのです。


被告の方は、一生懸命、その有効性を述べていましたが、裁判官は「自筆じゃないので・・・」と、申し訳なさそうに、説明していました。
結局、即日結審して、判決言い渡し期日が指定されました。


個人的には、合理的な範囲で、自筆性は必要ないと思うのですが(物件目録などは、登記事項証明書を添付した方が間違いないし)、条文で書いてあるので、仕方ありません。

遺言にお困りの方、ぜひ、専門家にご相談下さい。

1

« 2011年3月 | メインページ | アーカイブ | 2012年10月 »

このページのトップへ