HOME > 遺言書作成 > 遺言書の種類と特徴

遺言書作成

遺言書の種類と特徴

主な遺言書の種類

遺言は、遺言者の真意を確実に実現させる必要があるため、厳格な方式が定められています。

法律に規定された方式に従わない遺言はすべて無効です。

「生前こう言っていた、みんなで決めていた・・・」などと言っても、どうにもなりません。
録音・ビデオ撮影により、そうした発言を録音しておいたとしても、法律上の遺言とは認められません。

遺言の方式には、「自筆証書遺言」 「公正証書遺言」 「秘密証書遺言」 という3つの方式が定められています。


自筆遺言

自筆証書遺言は、遺言者自身が、 「遺言の内容の全文を書き」 かつ、「日付」、「氏名」を書いて、署名の下に「押印」することにより作成する遺言です(すべてを自書する必要があり、パソコンやタイプライターによるものは無効です)。

メリット

  • 自分で書けばよいので、いつでも書けるというメリットがあります。
  • 無料で作れる

デメリット

  • 方式要件・内容が不備な場合、後に訴訟になったり、無効になってしまう場合もあります。
  • 自筆証書遺言は、家庭裁判所に対し、検認手続を申し立てなければならない。
  • 不利な内容の遺言をされた相続人に、破棄・隠匿・改ざんされる危険があります。
  • 遺言が発見されないことがある。

公正証書遺言

紛失・改ざんの可能性がなく、信頼性が高いので、専門家の立場としては、こちらをおすすめします。

メリット
  • 検認の必要がありません。
  • 改ざん・紛失の可能性がありませんので、極めて高い証書能力があります。
  • 自筆遺言と異なり、病気等のため自書が困難となった場合でも作成可能です。病院等に出張することも可能です。   
  • 司法書士が原案を作成し、立会人も務めますので、内容に不備が生じることがありません。

このページに関する詳細情報はこちら


費用について ご利用者の声 よくあるご質問
TEL:048-255-3666

このページのトップへ