HOME > 遺言書作成 > 遺言でできること

遺言書作成

遺言でできること

相続について

遺産を「誰に」「どんな割合で」引き継がせるか、ご自身で自由に決めることができます。

法定相続の持分と異なる割合で、特定の遺産を特定の相続人に相続させること。
法定相続の持分と異なる割合で、各相続人の持分割合をしていすること。
・相続権のない方へ、遺産を「遺贈」すること。

遺言執行者の指定

遺言執行者」とは、遺言の内容を実行する人で、遺言書の中で、これを指定することができます。具体的には、登記を行ったり、預貯金などを相続人名義に変更したりする事務手続きを行います。

身分について

・相続人の廃除
相続人が遺言者に対し、虐待や侮辱など著しい非行をしていた場合に、その相続人の相続権を奪うことができます。
・認知
内縁の妻との間に生まれた子供を、遺言で認知することができます。

このページに関する詳細情報はこちら


費用について ご利用者の声 よくあるご質問
TEL:048-255-3666

このページのトップへ