HOME > 検認 > 検認手続きの流れ

検認

検認手続きの流れ

1.検認の申立

遺言を遺した方の最後の住所地の家庭裁判所に申立て
  • 検認申立書
  • 申立人・相続人全員の戸籍謄本
  • 遺言者の戸籍(出生時から死亡まで全て)
  • 遺言書の写し(遺言書が開封されている場合)

2.認期日の通知

家庭裁判所は、遺言書検認の期日を相続人全員に通知します。
通知を受けた相続人が検認期日に立ち会うか否かは、遺言書の有効性には影響しません。


3.検認の実施

検認期日に相続人等の立会いのもとに検認が行われ、その結果が検認調書に記載されます。

4.検認済証明及び遺言書の返還※

提出した遺言書は、検認手続き後、検認済証明書が契印されて申立人に返還されます。

5.検認済の通知

検認に立ち会わなかった関係者に、検認手続が完了した事が通知されます。→「検認済通知書」



当事務所では、検認手続の申立から、
相続登記や預貯金の名義書換まで、トータルにサポートします。

このページに関する詳細情報はこちら


費用について ご利用者の声 よくあるご質問
TEL:048-255-3666

このページのトップへ