HOME > 相続登記 > 相続登記の進め方

相続登記

相続登記の進め方

まず初めに基本情報をお伺いしますので、下記資料を準備していただけると、スムーズに進めることができます。

  • 手書きで構いませんので、簡単な家系図
  • 相続する方の住民票(省略の無い全部事項)
  • 相続する不動産の評価証明書or権利書or登記簿謄本
    評価証明書は自治体の固定資産税課で取得できます。東京都は都税事務所。当職で取得を代行することもできます
danger 必ずしもすべてを揃える必要はありませんので、まずは、お気軽にお問い合わせください。

受任後の行程


受任した後は、下記行程で進行します。


当事務所で、相続調査を行います。

具体的には、被相続人(亡くなった方)や相続人の戸籍等を取得します。簡単に表現するなら、被相続人の出生から死亡まで、そして相続人の戸籍まで、全てを取得することになります。この調査は、短くて1週間、長くて2ヶ月くらいかかることがあります。

矢印

当事務所で遺産分割協議書を作成し、相続人の皆さんに、実印で署名押印していただきます。

相続は、遺言が無ければ、民法の規定に従い法定相続になります(下記表参照)が、相続人全員の合意があれば、これに縛られることはありません。特定の相続人に相続財産を集中させたり、物件毎に相続人を振り分けることもできます。この合意書のことを「遺産分割協議書」といいます。この遺産分割協議書を作成するときには、相続人全員が実印で押印し、印鑑証明書を添付する必要があります。

相続順位 相続人の持分 亡くなった方の配偶者の持分
第一順位相続(子) 1/2 1/2
第二順位相続(尊属) 1/3 2/3
第三順位相続(兄弟姉妹) 1/4 3/4
(注1)同一順位の相続人間では按分
(注2)配偶者が不存在の場合、同一順位の相続人間では按分



矢印

これまでの過程で取得した資料をまとめて、登記申請します。

日本中の法務局に郵送orオンライン申請できますので、相続する不動産がどこであれ、費用はあまり変わりません。
約1週間から2週間で登記が完了します。登記事項証明書・戸籍類・遺産分割協議書などの原本をお返しして、業務終了となります。


このページに関する詳細情報はこちら


費用について ご利用者の声 よくあるご質問
TEL:048-255-3666

このページのトップへ