HOME > 成年後見 > 成年後見について

成年後見

成年後見について

成年後見制度とは

主に認知症や知的障害等が原因で判断能力が不十分な方は、次のような法律行為を単独で行うことが難しいことがあります。

・不動産の売買、賃貸借
・預貯金の管理
・介護施設などのサービス施設への入所契約
・遺産分割協議
 
また、判断能力が低下して金銭管理ができなくなると、高額な商品の売買契約を結んでしまったり、身近な人にお金を使い込まれてしまったり、経済的な不利益を被ることもあります。
 
こうした、判断能力が不十分な方(以下「本人」と表現します)を保護し、後見人が代理人となって、財産に関する全ての法律行為を行うことを、成年後見制度といいます。
 

このページに関する詳細情報はこちら


費用について ご利用者の声 よくあるご質問
TEL:048-255-3666

このページのトップへ