HOME > 相続放棄 > 相続放棄の方法

相続放棄

相続放棄の方法

相続放棄は、家庭裁判所に申立をしなければ、行うことができません。

相続放棄を行うには、相続があったことを知ったときから3ヶ月以内に、亡くなった方の最後の住所地管轄の家庭裁判所に申し立てて行う必要があります。
この3ヶ月を過ぎてしまっても、「全く知らない債権者から督促が来た」ような場合には、放棄が認められる可能性が有りますので、あきらめずにご相談下さい。

相続放棄の申立手続きには、次のような書類が必要です。

  • 相続放棄の申述書1通
  • 申述人の戸籍謄本1通
  • 被相続人の除籍(戸籍)謄本,住民票の除票各1通
    ※事案によっては,このほかの資料の提出が必要
時間的な制限もありますので、手続については、当職に依頼することをお勧めします。

この相続の放棄は、いくつか例外もありますが、原則的には相続を知ってから3か月以内となっていますので、ご注意下さい。

このページに関する詳細情報はこちら


費用について ご利用者の声 よくあるご質問
TEL:048-255-3666

このページのトップへ