HOME > 相続放棄 > 限定承認について

相続放棄

限定承認について

故人の財産がプラスなのか、マイナスなのかすぐにはわからない場合もあります。
その場合、暫定的な選択肢として、限定承認という手段があります。

この制度は、相続人全員が共同して申立をする必要があります。したがって、相続人のうち一人でも反対したり、単純承認をしてしまったりすると、選択できません。

限定承認手続きでは、家庭裁判所が財産管理人を選任し、遺産の清算手続き進めることになりますので、あまり採用されていないのが実情のようです。

このページに関する詳細情報はこちら


費用について ご利用者の声 よくあるご質問
TEL:048-255-3666

このページのトップへ