HOME > 相続放棄 > 相続放棄について

相続放棄

相続放棄について

相続放棄について 人が亡くなった場合、相続人は必ず相続しなければいけないわけではありません。

例えば、亡くなった方に、不動産や預貯金などのプラスの遺産が無いのに、借金などのマイナスの遺産が残っていた場合、それを相続人が相続しなければならないとすると、相続人が不利だからです。

したがって、人が亡くなったとき、その相続人には3つの選択肢があります。
すなわち、単純承認相続放棄限定承認の3つです。

1.単純承認 相続人が、亡くなった方の権利務をすべて引き継ぐ。一般的にいうところの「相続」

2.相続放棄 相続人が、亡くなった方の権利義務を、全て引き継がない。相続人でなくなる。

3.限定承認 亡くなった方の財産や借金の全体像が不明の場合。相続財産で負債を処理した後、財産が残っていたら、それを相続する。






相続開始から3ヶ月間何もしなければ、自動的に「単純相続」をしたことになってしまいます。

「相続放棄」「限定承認」をするには、相続が発生したことを知った日から3ヶ月以内に、家庭裁判所へ申し立てをしなければなりませんので、注意が必要です。

 

********************************************************************************

相続放棄を証明する書類について
相続放棄の手続きを行うと、裁判所から「相続放棄申述受理通知書」という通知書が送られてきます。

しかし、対外的に相続放棄したことを証明するには、別途「相続放棄申述受理証明書」が必要で、別途、家庭裁判所に請求しなければなりません。

相続放棄の申述をすれば、自動的に相続放棄申述受理証明書が送られてくるわけではありませんので、注意が必要です。

少し多めに取得しておくことをお勧めします。

このページに関する詳細情報はこちら


費用について ご利用者の声 よくあるご質問
TEL:048-255-3666

このページのトップへ